舞台『ロミオとジュリエット』 宝塚版?東宝版? ★ぜひ、どちらかでも、もちろんどちらでも観劇された方の御意見、コメント伺いたいです。 以前、雪組公演の『ロミオとジュリエット』を鑑賞したことが … 宝塚歌劇団星組の次回の大劇場公演作品「ロミオとジュリエット」まだまだ先、来年の2月12日からですが、配役の一部が発表されました。宝塚歌劇団の「ロミオとジュリエット」は2010年に星組で初演されてから、雪組、月組でも再演されてきた人気の公演で みことの宝塚妄想(暴走)ブログ. 宝塚『ロミオとジュリエット』歴代の配役が凄い!2020星組公演に期待♡ . 舞台/ミュージカル. 滝沢歌舞伎2018 Blu-ray 通 … 7/10 18時 1階センターさあ新公ですよ、主演は3回目の珠城りょうくんと、初主演の咲妃みゆちゃん。大人っぽいイメージのたまきちがどのようにロミオを演じるか、ジュリエットのみゆちゃんは歌えるのか?と、楽しみな新公です。新人公演担当は岡本寛子先生。 こんにちは、ponです。星組さんの次回公演作『ロミオとジュリエット』の配役とポスター画像がアップされました。ロミジュリは過去にも数回上演されましたが、私はどれも観ていません。なんとなーく知っている程度です。なので、ザックリのことしか書いてい ホーム ピグ アメブロ. 舞台/ミュージカル. 宝塚版「ロミオとジュリエット」歴代キャスト. news.yahoo.co.jp 滝沢歌舞伎zero(初回生産限定 … レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート [dvd] ¥700. 今回が宝塚で『ロミオとジュリエット』が5回目の上演になります。 星組別箱(2010年)→雪組本公演(2011年)→月組本公演(2012年)→星組本公演(2013年) と上演されてきました。 2010年星組 別箱(梅田芸術劇場、博多座) home > 番組詳細. レオナルド・ディカプリオ, クレア・デーンズ, ジョン・レグイザモ, バズ・ラーマン 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一 … 天候が心配でしたが、27日(木)は前日の猛烈な雨と風と打って変ったおだやかな天気でラッキーでした。木曜の宝塚観劇は初めてですが、劇場は10時前でも結構観客が来ていました。この日は団体客が多く、宝塚が初見らしい女性の団体客が目立ちました。いつものとおり、まず売店で数量限定の「宝塚フィナンシェ」と「天下もち」を確保。, どちらもおいしくて飽きません。無事ゲットして気をよくしながらロビーの郵便局で切手を購入、7月分のスカイステージ番組表も貰って、入口で開場を待ちました。, 今回のチケットは、実はWEBの先行販売を逃し、一時はチケット販売の利用も覚悟したのですが、たまたま公式HPを覗いたら運よく戻り?があって、15列下手ブロックを確保できたという次第でした。こういうこともあるので、WEBで販売状況をチェックするのもアリですね。↓ひどいピンボケです(^_^;)座席について考えてみたら、今回で宝塚バージョンの「ロミオとジュリエット」は4回目。最初の梅芸での星組公演ではまり、雪の役替わりジュリエットでプチがっかり、月の「みりおロミオ」に納得。結局全部を観ていたことになりますね。そして途中本家フランス版「ロミオとジュリエット」で驚愕のイメージリセットののちの今回の星組ニューバージョン観劇ということになります。都合5回も観てから言うのもなんですが、もともと私は「ロミオとジュリエット」のような悲劇は好きではありません。(殴)根が単純な性格なので、大枚はたいて観て悲しい気分になるより、元気になれるハッピーエンドが一番という子供じみた理由です(笑)。でもこのミュージカルバージョンでは、主人公二人の死後、二人は残された家族や街の人々の胸の中に生き続け、不毛な対立と抗争にも終止符が打たれるという結末が強調されているので、希望がありますね。とくにそれはフランス版で強く感じました。観終わってある種の爽快感さえある「ロミオとジュリエット」でした。今回は二役を7人が演じる大幅な役替わりアリ公演になっていますが、私たちの観た配役はAチームで以下の通りです。これがほぼベストな配役だと思いました。ロミオ          柚希 礼音ジュリエット       夢咲 ねね         キャピュレット卿   一樹 千尋 ロレンス神父     英真 なおき モンタギュー卿    美稀 千種 乳母           美城 れん ヴェローナ大公    十輝 いりす モンタギュー夫人   花愛 瑞穂 キャピュレット夫人  音花 ゆり 愛             鶴美 舞夕 ティボルト        紅 ゆずる マーキューシオ    壱城 あずさ パリス          天寿 光希 ピーター         真月 咲 死             真風 涼帆 ジョン           輝咲 玲央 ベンヴォーリオ    礼 真琴 余談ですが、本当に役替わりさせられる生徒は大変ですね。プログラムによれば、今回小池センセイは再度オーディションを行ったとのことですが、それなら役替わりなどせず、彼の判断でベストな配役を決めて、それぞれの役に専念させ、生徒のエネルギーを浪費しないほうがいいのにと思いますね。営業サイドの意向もあるかもしれませんが。さてようやく感想ですが(いつものことながらマクラ長過ぎですね)、まずトップ二人から。柚希礼音はひたすらロミオになりきっています。↓プログラム表紙より一途に恋に恋焦がれる純粋でひたむきな青年を演じています。恋にあこがれてはいても誰でもよかったのではなく、偶然出会ったジュリエットに一目で自分の理想とする女性像を見出して、そのまま絶望的な恋に落ちて行くこともためらわない主人公を丁寧に演じていました。歌もさらに完成度が高く、強い説得力がありました。若さとジュリエットに対する純粋な愛、繊細な感情がよく表現されていて感心しました。再演のほうがなまじ形が出来上がっているだけに、逆に役作りが難しいと彼女は言っていましたが、頑張って新しいロミオをよく作りあげていたと思いました。対するジュリエットの夢咲ねね。まず気が付いたのは歌です。安定感があり、聞かせてくれます。以前感じたやや心もとない部分(笑)もなくなり、安心して聞いていられます。容姿に見合った歌の成長が見て取れました。演技も成長が見られました。夢咲ねね自身、プログラムの中で、「今回もう一度冷静に作品と向き合い、すべての面でブラッシュアップしていきたいです。<中略>16歳という年齢や外見の可愛らしさだけを意識するのではなく、早く大人になりたくて背伸びをしているジュリエットの本質をきちっと描き出したいですね」と語っているように、微妙な年頃にあって、両親の歪んだ生活を反面教師にして、心から真実の愛を求め続けているジュリエットを前回以上に巧みに演じていました。なんともゴージャスで似合いのカップルです。観劇していて気が付いたのですが、これまでの私の宝塚版「ロミオとジュリエット」のイメージはまず「場面転換の速さ」だったのですが、単純にそうとは言えませんね。アップテンポなフランス版の後なのでそう思い込んでいただけかもしれませんが、結婚式の場面まではむしろ丹念に丁寧に話を追っている感じです。ヴエローナの名門二家の対立と抗争の歴史、とくにキャピュレット家の、当主夫妻とティボルトを巡る歪んだ家庭事情と破たんした一家の財政などを細かく描くことで、話が単なる主人公二人の若さゆえの恋の暴走とそれによる悲劇という話にならないようにしています。次に目立ったのがオープニングで登場する「死」の真風涼帆。いつも彼女を見るたびに「水夏希の再来」などと思ってしまいますが、決定的に違う点があります。水夏希よりはるかに歌がうまい!(笑) これはごく最近、スカステで役替わり公演のニュースで初めて知ったのですが、歌唱力、大したものです。ニュースを見ていたヨメさんと思わず顔を見合わせました。(でも今回の観劇ではそれが聞けず残念でしたが。)これまでの評価は一新です。(笑)舞台では不吉な死の雰囲気を濃厚に漂わせていました。それで登場した場面では思わず「縁起でもない、あっちへ行け!」と言いたくなりましたね。(殴) オープニングのヴェローナ広場での立役者の一人が十輝いりすの「ヴェローナ大公」。風格さえ感じさせる偉丈夫ぶりです。声が若くてちょっと不釣り合いなのと、もう少し歌が‥と思いますが、こう思うのはこれまたフランス版大公が余りにもウマすぎだったせいかもしれません。でも十輝いりすも似合いの役でした。今回私が一番注目したのはやはり「ティボルト」の紅ゆずる。ニュース以来すっかりハマっています(笑)。舞台化粧は特に遠目だとプチ強すぎる感じで気になりますが、オペラで見れば全くノープロブレム。尻軽なキャピュレット夫人(音花ゆり)が道ならぬ愛で迫ってくるのも無理からぬ美形だと思うのですが、ヨメさんは同意しませんね。(笑)ティボルト、歌も進化し続けていて、またよくなっていました。紅ゆずるが漂わせる存在感というか独特の落ち着きはどこから来ているのでしょうか。で、今回は紅ゆずるをずっと追っていましたが、最後に「フィナーレの歌手」として、白い晴れやかな衣装で満面の笑みを浮かべて舞台下手に出てきたのはちよっと意表を突かれた感じで良かったですねぇ。満足しました。あと、芝居の途中でバラの花を塔?の上に投げ返すシーンが今回のツボですね。投げるほうもストライクなら、受け取る音花ゆりもナイスキャッチ!これ、けっこう高低差があるのによく失敗しないものですね。やはりこの二人、怪しい仲だ!(笑)前後しますが、前回と同じ役の両家の夫人たちが良かったです。まずは怪しい音花ゆり(笑)。言わずと知れた歌唱力ですが、演技も甥のティボルトを追いかける困った伯母さんぶり全開。歌ってはキャピュレット卿を演じる一樹千尋の歌唱力とピッタリで、いい組み合わせでした。可愛らしい顔に不似合いな力のある歌は大したものです。対するモンタギュー夫人の花愛瑞穂もいい感じですね。前回初めて存在を知って驚きましたが、しっとりとした情感を漂わせていて、キャピュレット夫人と好対照です。美人だと思いますね。オペラで見ているとあれ十朱幸代?と思ったりしましたが(笑)、この公演で退団とか。本当に残念ですね。ずっと星組だったとかですが、もっと早く知っていたらと悔やんでいます。「王家‥」のときはどういう役だったのでしょうか。この残念感、ドンカルロスのフアナ・涼花リサさんと共通するものがあります。 またまた前後しましたが、好演で気を吐いたのがキャピュレット卿の一樹千尋。まさにいぶし銀の存在です。私などはどの公演でも、この人の名が配役に入っているだけで安心してしますね。今回も前回同様、娘を家の再興の手段と考える腹黒い、でも娘に対する思いも残しているキャピュレット卿を過不足なく自然な演技で演じていました。この人はもう現在の宝塚の至宝といってもいい存在だと思いますね。歌も思った以上に音域が広く見事でした。専科といえばもう一人、ロレンス神父役の英真なおきも、見事な歌と変わらぬ味のある演技で場面を締めていました。特に星組公演にはなくてはならない人ですね。組長当時のこの人のあいさつも懐かしいです。いつも飾らぬ温かさが伝わってきました。あと、今回ならではの収穫が乳母の美城れんです。まあピッタリの配役で、何で早くこの人を持ってこなかったのかと思うほどの適役でした。歌は高音域のゆとりがもう少しあればと思ったりしましたが、それ以外は完璧。柔らかな包み込むような歌声が見事でした。セリフも上出来。ジュリエットをわが子同様に育ててきて、その幸せのためにはどんなことも厭わないという役どころを嫌味なく演じていて感心しました。歴代乳母では月組の美穂圭子が一番と思っていましたが、今回の美城れんはトータルな評価ではそれ以上だと思います。 美城れんはスカイステージのトーク番組で私たちにもおなじみの人でしたが、今公演で認識を新たにしましたね。はじめにほぼベストの配役と書きましたが、残念だったのはマーキューシオとパリスの配役。これは逆パターンのほうがいいと思いました。壱城あずさはがんばっていましたが、歌が課題ですね。天寿光希のマーキューシオが観たかったので、「ほぼベスト」になりました。ベンヴォーリオは前回の涼紫央と同じヘアスタイルなのが面白かったですが、歌は段違いで今回の礼真琴が適役。抜擢にこたえて頑張っていましたが、ちよっと小柄な感じですね。その分今後演技でスケール感が出せればと思いました。最後にかな~り物足りなかったのが組長さんのフラメンコ。もっと見せてほしかったですね~。短すぎ!公演の最後が豪華なフィナーレ。これはもうトップ二人の独壇場(二人ですが(笑))。若い二人が大人のカップルになってその魅力を見せてくれました。デュエットダンスはもうただただ見惚れるばかりです。ロリっぽい表情だった夢咲ねねがショートカット+透ける衣装(小池センセイの指示だそうです)で、恵まれた肢体を存分に生かして踊る姿は圧巻です。キリッとした表情は別人の感があります。官能的で耽美的なダンス、必見の絶品です。柚希礼音も大人の男の精悍さを前面に出したダイナミックな踊りを堪能させてくれました。この二人、今の宝塚を代表するトップコンビといって過言ではないですね。↓プログラムより観劇の最後の感想ですが、今や宝塚の定番出し物となったこのロミジュリ、ほとんど音楽とダンスだけのシンプルの極致・フランス版元祖ロミジュリをよく宝塚バージョンに仕立て直したものだと、改めて小池センセイの力量に感じ入っています。ミュージカルとしての完成度の高さでは、全く別物といっていい出来だと思いますね。充実の星組と小池センセイが、来年の100周年公演で何を見せてくれるのか、今から楽しみです。, 天候が心配でしたが、27日(木)は前日の猛烈な雨と風と打って変ったおだやかな天気でラッキーでした。, 木曜の宝塚観劇は初めてですが、劇場は10時前でも結構観客が来ていました。この日は団体客が多く、宝塚が初見らしい女性の団体客が目立ちました。, 今回のチケットは、実はWEBの先行販売を逃し、一時はチケット販売の利用も覚悟したのですが、たまたま公式HPを覗いたら運よく戻り?があって、15列下手ブロックを確保できたという次第でした。こういうこともあるので、WEBで販売状況をチェックするのもアリですね。, 座席について考えてみたら、今回で宝塚バージョンの「ロミオとジュリエット」は4回目。最初の梅芸での星組公演ではまり、雪の役替わりジュリエットでプチがっかり、月の「みりおロミオ」に納得。結局全部を観ていたことになりますね。, 根が単純な性格なので、大枚はたいて観て悲しい気分になるより、元気になれるハッピーエンドが一番という子供じみた理由です(笑)。, でもこのミュージカルバージョンでは、主人公二人の死後、二人は残された家族や街の人々の胸の中に生き続け、不毛な対立と抗争にも終止符が打たれるという結末が強調されているので、希望がありますね。, とくにそれはフランス版で強く感じました。観終わってある種の爽快感さえある「ロミオとジュリエット」でした。, 今回は二役を7人が演じる大幅な役替わりアリ公演になっていますが、私たちの観た配役はAチームで以下の通りです。これが, プログラムによれば、今回小池センセイは再度オーディションを行ったとのことですが、それなら役替わりなどせず、彼の判断でベストな配役を決めて、それぞれの役に専念させ、生徒のエネルギーを浪費しないほうがいいのにと思いますね。, さてようやく感想ですが(いつものことながらマクラ長過ぎですね)、まずトップ二人から。, 一途に恋に恋焦がれる純粋でひたむきな青年を演じています。恋にあこがれてはいても誰でもよかったのではなく、偶然出会ったジュリエットに一目で自分の理想とする女性像を見出して、そのまま絶望的な恋に落ちて行くこともためらわない主人公を丁寧に演じていました。歌もさらに完成度が高く、強い説得力がありました。若さとジュリエットに対する純粋な愛、繊細な感情がよく表現されていて感心しました。, 再演のほうがなまじ形が出来上がっているだけに、逆に役作りが難しいと彼女は言っていましたが、頑張って新しいロミオをよく作りあげていたと思いました。, まず気が付いたのは歌です。安定感があり、聞かせてくれます。以前感じたやや心もとない部分(笑)もなくなり、安心して聞いていられます。容姿に見合った歌の成長が見て取れました。, 「今回もう一度冷静に作品と向き合い、すべての面でブラッシュアップしていきたいです。<中略>16歳という年齢や外見の可愛らしさだけを意識するのではなく、早く大人になりたくて背伸びをしているジュリエットの本質をきちっと描き出したいですね」, と語っているように、微妙な年頃にあって、両親の歪んだ生活を反面教師にして、心から真実の愛を求め続けているジュリエットを前回以上に巧みに演じていました。, 観劇していて気が付いたのですが、これまでの私の宝塚版「ロミオとジュリエット」のイメージはまず「場面転換の速さ」だったのですが、単純にそうとは言えませんね。アップテンポなフランス版の後なのでそう思い込んでいただけかもしれませんが、結婚式の場面まではむしろ丹念に丁寧に話を追っている感じです。, ヴエローナの名門二家の対立と抗争の歴史、とくにキャピュレット家の、当主夫妻とティボルトを巡る歪んだ家庭事情と破たんした一家の財政などを細かく描くことで、話が単なる主人公二人の若さゆえの恋の暴走とそれによる悲劇という話にならないようにしています。, いつも彼女を見るたびに「水夏希の再来」などと思ってしまいますが、決定的に違う点があります。水夏希よりはるかに, これはごく最近、スカステで役替わり公演のニュースで初めて知ったのですが、歌唱力、大したものです。ニュースを見ていたヨメさんと思わず顔を見合わせました。(でも今回の観劇ではそれが聞けず残念でしたが。), 舞台では不吉な死の雰囲気を濃厚に漂わせていました。それで登場した場面では思わず「縁起でもない、あっちへ行け!」と言いたくなりましたね。(殴), 尻軽なキャピュレット夫人(音花ゆり)が道ならぬ愛で迫ってくるのも無理からぬ美形だと思うのですが、ヨメさんは同意しませんね。(笑), ティボルト、歌も進化し続けていて、またよくなっていました。紅ゆずるが漂わせる存在感というか独特の落ち着きはどこから来ているのでしょうか。, で、今回は紅ゆずるをずっと追っていましたが、最後に「フィナーレの歌手」として、白い晴れやかな衣装で満面の笑みを浮かべて舞台下手に出てきたのはちよっと意表を突かれた感じで良かったですねぇ。満足しました。, 投げるほうもストライクなら、受け取る音花ゆりもナイスキャッチ!これ、けっこう高低差があるのによく失敗しないものですね。, 言わずと知れた歌唱力ですが、演技も甥のティボルトを追いかける困った伯母さんぶり全開。歌ってはキャピュレット卿を演じる一樹千尋の歌唱力とピッタリで、いい組み合わせでした。可愛らしい顔に不似合いな力のある歌は大したものです。, ずっと星組だったとかですが、もっと早く知っていたらと悔やんでいます。「王家‥」のときはどういう役だったのでしょうか。, 私などはどの公演でも、この人の名が配役に入っているだけで安心してしますね。今回も前回同様、娘を家の再興の手段と考える腹黒い、でも娘に対する思いも残しているキャピュレット卿を過不足なく自然な演技で演じていました。この人はもう現在の宝塚の至宝といってもいい存在だと思いますね。歌も思った以上に音域が広く見事でした。, まあピッタリの配役で、何で早くこの人を持ってこなかったのかと思うほどの適役でした。歌は高音域のゆとりがもう少しあればと思ったりしましたが、それ以外は完璧。, 柔らかな包み込むような歌声が見事でした。セリフも上出来。ジュリエットをわが子同様に育ててきて、その幸せのためにはどんなことも厭わないという役どころを嫌味なく演じていて感心しました。, 歴代乳母では月組の美穂圭子が一番と思っていましたが、今回の美城れんはトータルな評価ではそれ以上だと思います。, 美城れんはスカイステージのトーク番組で私たちにもおなじみの人でしたが、今公演で認識を新たにしましたね。, ベンヴォーリオは前回の涼紫央と同じヘアスタイルなのが面白かったですが、歌は段違いで今回の礼真琴が適役。抜擢にこたえて頑張っていましたが、ちよっと小柄な感じですね。その分今後演技でスケール感が出せればと思いました。, 若い二人が大人のカップルになってその魅力を見せてくれました。デュエットダンスはもうただただ見惚れるばかりです。, ロリっぽい表情だった夢咲ねねがショートカット+透ける衣装(小池センセイの指示だそうです)で、恵まれた肢体を存分に生かして踊る姿は圧巻です。キリッとした表情は別人の感があります。官能的で耽美的なダンス、必見の絶品です。, 柚希礼音も大人の男の精悍さを前面に出したダイナミックな踊りを堪能させてくれました。, 充実の星組と小池センセイが、来年の100周年公演で何を見せてくれるのか、今から楽しみです。. 《 ジュリエット 》は、画家の ジョン ・ウィリアム・ウォーターハウス によって制作された作品。制作年は1898年から1898年で、個人に所蔵されている。 詳細な画像を見る. 来月の ラインアップ. ロミオとジュリエット Blu-ray ブルーレイ 龍真咲 明日海りお 宝塚 ¥5,000. 星組新人公演に行ってきました。 今日は9列目センター寄りで観劇。 今回、一番楽しみにしてたのはキャピュレット卿の漣レイラさんと ロレンス神父のひろ香祐さん! そしてキャピュレット夫人の夢妃杏瑠さん。 全体的にもクオリティの高い新人公演でした。 『ロミオとジュリエット』は 2001年 にフランスで 初演。 その後、各国で 上演されています! 2010年 星組『ロミオとジュリエット』が 日本初上演 です♡宝塚版では 「愛」のダンサー役 が新たに 追加 された演出 となっています! ホーム ピグ アメブロ. 「宝塚 ロミオとジュリエット disc2 音月桂 早霧せいな ブルーレイ」に近い商品 . 宝塚の『ロミオとジュリエット』上演の変遷. 宝塚観劇の感想、宝塚公式ニュースに対してのつぶやき、ジェンヌさんに愛を叫ぶなどなど、宝塚歌劇に関することを妄想しながらつれづれなるままに綴ってます。, 歴代ロミオを比較してみました☆あなたの好きなロミオは誰!? | みことの宝塚妄想(暴走)ブログ, 歴代の『ロミオとジュリエット』のCS放送をとりあえず全部観るっていうぜいたくをしてたくらいなんで←, ・それでも踊りたりなくて、神父様までリフトしちゃう&カーテンコールでも踊っちゃうちえロミオすごい。, ・♪神はまだお見捨てにはならないのラストで目に涙をいっぱい浮かべながら満面の笑みを見せるのしんどい。, ・愛希ジュリエットの目線に合わせてかがみこんで「月に誓おう~♪」って歌うのマジで紳士。, ・♪僕は怖いリプライズで、途中一瞬笑顔になってから恐怖顔に戻るところが狂気じみてて良い。, ・お母さんが過保護っていうのもすごくわかるし、星条ベンがいつもみりおロミオの後追っかけてるってのも超理解できる。(醸し出されるほっとけないオーラ), ・「後は俺に任せて先に行け」とか言って仲間を守り死んでいくリーダータイプのロミオ。(新しい), ・♪僕は怖いリプライズでは、自らの運命に対する恐怖よりも友を失ってしまった後悔のほうが大きい。, ・そりゃジュリエットが死んだらロミオも死ぬよねってくらい説得力ある二人の唯一無二感。, ・死体(本当は違うけど)の夢咲ジュリエットにも、これでもか!ってくらいイチャイチャしまくるあたり、本当に愛が深い。, ・むしろこの二人の喧嘩に割って入ってよく生きて帰れたね!(たぶん夏樹ベンが頑張った), もうほとんどこれ自分用のメモにしかならないくらい雑な比較だけど、個人的に満足したんで良しとします←, いやね?なんでこんなに私はロミオ役者が好きなのかなーって、CS見ながら考えてたんですけど、. 本日放送の『falstaff』が待ちきれないみことです、こんばんは。ブログ更新ご無沙汰でごめんなさい。生きてます。観劇もしてます。暇人してます。なんせ今日なん… ジェラール・プレスギュルヴィック氏作のミュージカル『ロミオとジュリエット』を 宝塚歌劇が小池修一郎潤色・演出により初めて上演してから10年 ―― この節目の年に、これまでの全公演を網羅した10枚組Blu-ray BOXの発売が決定! 座席について考えてみたら、今回で宝塚バージョンの「ロミオとジュリエット」は4回目。最初の梅芸での星組公演ではまり、雪の役替わりジュリエットでプチがっかり、月の「みりおロミオ」に納得。結局全部を観ていたことになりますね。 『ロミオ+ジュリエット』(原題: Romeo + Juliet)は、1996年に製作されたアメリカ映画。ビデオパッケージ表記では『ロミオ&ジュリエット』のものも存在する。 座席について考えてみたら、今回で宝塚バージョンの「ロミオとジュリエット」は4回目。最初の梅芸での星組公演ではまり、雪の役替わりジュリエットでプチがっかり、月の「みりおロミオ」に納得。結局全部を観ていたことになりますね。 宝塚 星組 新人公演 ロミオとジュリエット バルコニー [エンターテイメント] 削除対策のため早送りしますご了承ください 宝塚版「ロミオとジュリエット」は2010年星組が初演(柚希礼音・夢咲ねね)。. 『ロミオとジュリエット』の配役が正式に発表されました。 気になるのは役替わりの有無でしたが、 2021年度版もやっぱりあったぜ!! 宝塚 ロミオとジュリエット ブルーレイboxですが、初回限定なのは何故だと思いますか?個人的には売れると思うし、再プレスしていけばいいのに、と思います。柚希礼音さんや音月桂さん、龍真咲さん、 … 宝塚大劇場公演・東京宝塚劇場公演ロミオとジュリエットの配役比較表を作成しました。 <参考:過去のロミオとジュリエット(仏ミュージカル版)の上演記録> 星組 2010/07/10~07/26 梅田芸術劇場メインホール 星組 2010/08/02~08/24 博多座 雪組 2011/01/01~01/31 宝塚大劇場(新人公 … 2021年、宝塚歌劇団星組率いる「ロミオとジュリエット」が再びカムバックです!ちょうど10年前、宝塚歌劇の知識ゼロの私は、博多座も近いし、宝塚歌劇ってどんなもんかな?ロミオとジュリエット(以下ロミジュリ)なら分かるかも?くらいのゆる〜い気持 ロミオとジュリエットBlu-rayBOX購入特典のクリアポーチ新品未開封です。トップさんのファンではないため欲しい方にお譲り致します。レターパックプラスでしっかり梱包して発送させて頂きます。柚希礼音音月桂龍真咲明日海りお彩風咲奈珠城りょう礼真琴 舞台/ミュージカル. 2020年の星組公演(礼真琴・舞空瞳)で5度目の公演となります。 本日は、 愛してやまない ことちゃん(礼真琴さん) と、 ひっとん(舞空瞳さん) の 『ロミオとジュリエット』の制作発表会 だったようですね… 映像を見てから感想をチラっと語りたいです… それを 『エリザベート』のガラコンサートが発表 されましたね! 宝塚で上演して25周年ですか… ついに宝塚歌劇公式サイトで星組公演『ロミオとジュリエット』の先行画像と配役が発表されましたね!私も大興奮のままYouTubeの撮影をしましたが、こういう発表ってやっぱり盛り上がりますよねー!今日は改めてその配役を見ていきましょう! ジェラール・プレスギュルヴィック氏作のミュージカル『ロミオとジュリエット』を 宝塚歌劇が小池修一郎潤色・演出により初めて上演してから10年 ―― この節目の年に、これまでの全公演を網羅した10枚組Blu-ray BOXの発売が決定! 宝塚歌劇 雪組公演『ロミオとジュリエット』特設サイトです。イントロダクション、ストーリー、キャスト・スタッフ、人物相関図、ムービー、公演特集レポート、スペシャルコンテンツ、チケット購入方法、公演イベント情報をご紹介します。 宝塚ロミジュリについて 手紙でジュリエットが仮死状態になったことを知らせると神父様はおっしゃっていましたが、、手紙で結局は伝えられずに。。。となってしまいましたが。なぜ手紙が、届かなかったのでしょう? 舞台/ミュージカル. こんにちは、ponです。星組さんの次回公演作『ロミオとジュリエット』の配役とポスター画像がアップされました。ロミジュリは過去にも数回上演されましたが、私はどれも観ていません。なんとなーく知っている程度です。なので、ザックリのことしか書いてい 宝塚星組ロミジュリ 礼真琴「愛と勇気届ける」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 宝塚星組公演「ロミオとジュリエット」(21年2月14日~3月29日 宝塚大劇場、同4月16日~5月23日 東京宝塚劇場)の製作発表会見が11日、都内で行われ、男役トップスターの礼真琴、娘役トップの. 11日に都内で『ロミオとジュリエット』の制作発表会が行われました。そのニュースをみて私はビジュアルが残念だと感じました。星組のトップコンビが私は大好きなのですが、今回のビジュアルは正直 … 舞台/ミュージカル. 【宝塚大劇場】 雪組 三井住友visaカード ミュージカル 『ロミオとジュリエット』 公演期間:2011年1月1日(土)~1月31日(月) ! 歴代ロミオを比較してみました☆あなたの好きなロミオは誰!? | みことの宝塚妄想(暴走)ブログ . 舞台/ミュージカル. タカラジェンヌの魅力に迫るオリジナル番組、宝塚の今を伝えるニュースなど、充実のラインアップでお届けする宝塚歌劇専門チャンネル。 番組表; 今月の ラインアップ. 番組詳細. 柚希さんのロミオとジュリエットは舞台観劇ができませんでしたが、ブルーレイは何度も観ました。 その大好きな作品をトップスターになったこっちゃんが再演することが決まり、今から楽しみで仕方ない時にこの特別番組。 滝沢歌舞伎ZERO(初回生産限定盤) DVD、Blu-rayセット ¥22,400. 「宝塚 ロミオとジュリエット ノベルティCD(新品未開封)」に近い商品 . 星組公演『ロミオとジュリエット』制作発表会レポート 公開! 星組公演『ロミオとジュリエット』ムービーページ 更新! 星組 宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演 出演人数および役替わりについて(追) 本題に入る前に、まずはロミオとジュリエットという作品について簡単にまとめておきますね。ご存じの方はこの項目は読み飛ばしちゃって下さい。 さて、ここでの「ロミオとジュリエット」という作品は、ジェラール・プレスギュルビック氏によりロックミュージカル化され、2001年にフランスで初演されたもののことを指します。 日本では2010年に星組により梅田芸術劇場と博多座にて初演されました。その後、宝塚では2011年、2012年、2013年にそれぞれ雪組、月組、星組で再演されました。 正直お … 悲劇のヒロイン. 2020年5月20日; 2020年10月2日; 星組; 星組. Ameba新規登録(無料) ログイン. 雪組公演 望海風斗MEGA LIVE TOUR 『NOW! ZOOM ME!!』 ¥13,000. 2020年 宝塚 星組にて 再演 が決定している 『ロミオとジュリエット』 今までに 何度も 再演され ている 人気の作品です♡ 『ロミオとジュリエット』は 2001年 にフランスで 初演。その後、各国で 上演されて … 宝塚大劇場公演・東京宝塚劇場公演ロミオとジュリエットの配役比較表を作成しました。 <参考:過去のロミオとジュリエット(仏ミュージカル版)の上演記録> 星組 2010/07/10~07/26 梅田芸術劇場メインホール 星組 2010/08/02~08/24 博多座 雪組 2011/01/01~01/31 宝塚大劇場(新人公 … 宝塚 星組 新人公演 ロミオとジュリエット バルコニー [エンターテイメント] 削除対策のため早送りしますご了承ください ロミオとジュリエット 雪組大劇場公演ライブcd 宝塚歌劇団 音月桂 舞羽美海 早霧せいな 未涼亜希 彩那音 緒月遠麻 沙央くらま 飛鳥裕 一樹千尋 雪組を観るのは、2006年4~5月の「ベルばらオスカル編」以来。 芸能人ブログ 人気ブログ. 歴代のロミオとジュリエットについての感想です。歴代ロミオの配役 柚希礼音 音月桂 龍真咲 明日海りお 柚希礼音(再)なんというか、ロミオって10代の若者という… ロミジュリをひと通り見た感想② 歴代ロミオとジュリエット | グスコーブドリの宝塚雑記. シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」は、家同士の争いに巻き込まれるロミオとジュリエットの悲恋を描いた作品。 私は宝塚版ミュージカルを観るまで「ロミオ、どうしてあなたはロミオなの」という有名なセリフしか知りませんでした^^; このセリフもミュージカルではジュリエットの歌として、とても素敵な場面になっているのでぜひ観てもらいたい作品です! ロミオとジュリエットの物語は、ロミオの一族である「 … しかも本公演の役替わりは2019年『ファントム』以来。 これがお祭りと言わずなんと言う! ロミオ&ジュリエット 潤色・演出は小池修一郎が担当。 企画・制作は、tbs、ホリプロ、梅田芸術劇場。 2011年 2011年9月 7日 - 10月 2日(32回) 赤坂actシアター 2011年10月8日 - 10月20日(17回) 梅田芸術劇場メインホール キャストとダンサーはオーディションで決定。 本日は、 愛してやまない ことちゃん(礼真琴さん) と、 ひっとん(舞空瞳さん) の 『ロミオとジュリエット』の制作発表会 だったようですね… 映像を見てから感想をチラっと語りたいです… それを 『エリザベート』のガラコンサートが発表 されましたね! 宝塚で上演して25周年ですか… Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 宝塚ではその作品の公演が決まった途端に一斉にファンが盛り上がる作品がいくつかあります。そして今ファンの皆さんが1番心待ちにしてるがロミジュリの愛称で知られるコチラの作品ではないでしょうか?公演が待たれる大人気作品「ロミオとジュリエット」で宝塚の妄想配役です!