MacBook Pro 16インチとMac miniに適したディスプレイについて考えます。 私のメイン環境(暫定のレイアウト)としては以下のようになっています。仮置きです。全て4Kディスプレイです。 まず最初にMac ProとFinal Cut Pro Xの組み合わせで検証を行なった。モニターはEIZO ColorEdge CG277を使用。 撮影:坂上俊彦, 前項で述べたように、Mac Proは新しいアーキテクチャーや考え方で作られているため、アプリ側もまたそれに対応してチューンしないと、そのポテンシャルを十全に活かすことは難しい。, その意味でアップル純正の映像編集ソフトであり、Mac Proの出荷開始と同時にアップデートが公開されたFinal Cut Pro X(以下FCP X)は現在、もっともMac Proに最適化されたソフトウェアであると言え、Mac Proのポテンシャルを計るベンチマークにもなるはずだ。, Mac ProでFCP Xを操作して最初に気がつくのが、ネイティブ編集力が高くなっていること。つまりカメラで撮影したデータのまま編集作業を行なっても、優れたパフォーマンスを発揮してくれるのだ。, FCPはProRes 422という中間コーデックがウリだった。別の言い方をすれば、この編集に向いた優秀なコーデックの存在こそMacが愛用されてきた理由でもある。それゆえFCPを使うなら、撮影したデータをProRes 422に変換するのが当然だったし、同時にそのトランスコード時間がFCPの弱点でもあった(FCP Xになってバッググラウンドでトランスコードが可能になり、変換待ちはなくなったものの、それでもバックグラウンドでの変換中はレスポンスが低下した)。, Mac Proでは、H.264にせよAVCHDにせよ、ネイティブのままでの編集レスポンスが大きく改善している印象。フルHDファイル(EOS 5D Mark III)での編集レスポンスは、ネイティブ(H.264)とProRes 422で大きな差を感じなかった。それだけMac Proの処理能力が高いとも言えようか。, ただし4Kムービー編集になると、ネイティブとProRes 422の差は有意に体感できる。主に試したのはEOS-1D Cの4Kファイル(4096x2160 / 24P)だが、このネイティブファイル(Motion JPEG)と、ProRes 422とではビデオレートに大きな差がない。だが再生時のレスポンス、複数ストリーム再生時のコマ落ちは、明らかにProRes 422の方が有利だった。, そしてProRes 422素材で行なう4K編集は、これまでにないハイレスポンスなものだった。, 一言に編集がスムーズと言っても、パソコンの能力に依存する部分はいくつかに分類される。おおまかに言えば, ・準備(読み込み、変換) ノートPCの場合はMacBook Pro(Apple製ノートPCの最上位品)の15インチの一択です。モニターも15インチ以上ないと見にくく、インチに比例(13インチよりも15インチの方がスペックが上がる)してスペックも上がるのでおすすめ。 16インチ型MacBook Pro(2019)は15インチ型MacBook Pro(2019)と比較して、出力できる外部ディスプレイの解像度が高くなっている。なんとPro Display XDRを最大2枚も同時に出力することができるのだ。最大4枚の4Kディスプレイを同時に出力することもできるとのこと。 アップルがMacbook Pro を発表したのは記憶に新しい。多くの機能が追加されたが省かれた機能もある。インターフェースポートの省略に対しては、特にプロユーザーからの懸念も多いようだ。高価な割には機能的に今一つと言ったところを指摘している記事やフォーラムも見かける。しかし4K編集について書かれている記事は、まだあまりないようだ。そこで、今回は新Macbook Proが4Kビデオ編集にどの程度対応できるのか調べてみよう。, 2週間ほど前にMacbook Pro2016のタッチバー無しモデルをレポートした。その時の結果は4K編集には多少物足りないところもあるというレポートになったが、いよいよタッチバー付き13インチと15インチモデルの出荷が始まった。幾つかのレビューなどが報告されているが、結果は良好なようだ。, 残念ながらcinema5Dにはまだ実機が届かないため、他のユーザーがどのようなレポートをしているのか、まとめてみたいと思う。4K編集のためにMacbook pro2016への買い替えをすべきかどうか、参考にして欲しい。, 4K編集をするには、高性能なパソコンが必要だ。エントリーレベルのMacbook Pro2016の13インチモデルは2GHz i5プロセッサーが使用されている。これは現在自分が使用している2011年版Macbook Proが2.4GHz i5プロセッサーであることを考えると、少しがっかりするスペックだ。しかし、実際に遅いのかというと、実はそうではない。ベンチマークを見てみると、エントリーレベルのタッチバー無しモデルでも、期待以上のパフォーマンスがあることが分かる。, WebサイトMacworldでは、Macbook Pro 2016 reviewの中で、新Macbook proのスペックについて詳しく述べている。, 上はMacworldのマルチコアCPUの計測結果だが、2GHzのMacbook Pro 2016 13インチでも、2.7GHzの2015年Retina Macbook Proよりもわずかだが早くなっている。CPUが格下なのに早くなっているのは何故だろうか?, 一方、タッチバー付き13インチモデルは2.9Ghzなのでもっと早いだろうと期待すると、期待外れとなる。2.9GHzモデルはタッチバー無しモデルに比べると、僅か3.8%しか早くなっていないのだ。即ち、タッチバー付きモデルのCPUは30%もより高性能なのに、たった4%しか実際には早くないのだ。, 現実的にはタッチバー有りとタッチバー無しのモデルのスピードはあまり変わりない。このことは購入する前に知っておくべき事実だろう。13インチの2モデルについては、タッチバーが有るか無いかの違いだけということだ。, 15インチモデルに関しては、期待通り13インチモデルよりも相当高速で、旧モデルと同様1ランク上の性能を持っている。マルチコアCPUのスコアは13インチに比べて41%も早い。ただ、解せないのは2015年モデルよりも遅いということ。, このテスト結果は、やはりWebサイトのEngadgetの評価と同じなので、信頼できるものと考えられる。, グラフィック性能は、4K編集においては別の角度から重要な部分である。これに関しては、2016年モデルは2015年モデルよりも優れているようだ。2016年モデルのグラフィックス性能は他のどのモデルよりも優れてる。13インチモデルのグラフィックス性能も、従来機よりも優れているが、やはりタッチバー付きモデルとそれが無いモデルとの差はあまり無い。, アップルは新Macbook Proのドライブは驚くほど速いと言っているが、まんざら誇張された表現ではなさそうだ。Webサイト9to5macのテストでは、13インチモデルの読み取り速度は3GB/s、書き込み速度は2GB/sと言っており、今日入手可能なものとしては最速だとも言っている。ただ、ドライブのスピードは4K編集を行う上では一つの重要な要素ではあるが、ドライブが早いからと言って編集が早くなるというものではない。, iFixit opened up the 13-inch Macbook Pro 2016, 他の情報(arstechnica.com)によれば、13インチのタッチバー付きモデルと、タッチバー無しモデルだと、その他にも技術的な違いがあるらしい。CPUとGPUのクロックの違いだけでなく、タッチバー付きモデルの28WのCPUは、タッチバー無しの15WのCPUに比べ、より高速で、より長時間動作することができるとのこと。, また、タッチバー付きモデルにはThunderbolt3のポートが4個装備されているのに対し、タッチバー無しのモデルは2個しかない。しかし、arstechnica.comによると、右側の2個のポートはPCI Expressのバンド幅が狭いとのこと。アップルはこれについて、PCIe3.0レーンは2本しかないため、左右のポートで差があるとしている。, 4K編集をする場合このことは大変重要で、高速のデバイスは左側に接続するよう注意しなければならない。, RAMに関しては、2016年版Macbook pro全モデルは残念ながら16GBが最大だが、4K編集には32GBが欲しいところだ。もう一つ相違点がある。タッチバーが無いモデルは1866MHzのLPDDR3 RAMが使われているのに対し、タッチバー付きモデルでは2133MHzLPDDR3が使われている。折角早いRAMを搭載しているが、16GBの制限で4K編集にはあまりメリットが無い。, さて、新Macbook Proで4K編集を行うのは現実的だろうか?the Vergeが見解を出している。それによれば、13インチモデルはコンパクトで扱いやすく、Premiere ProでHDを編集する分には全く問題が無いとしている。しかし、4K編集では使えないだろうとも言っている。彼らのテストでは、Final Cut Xでは、4Kファイルは問題なく再生できたとのこと。, 13インチMacbook ProはFinal Cut Xで短い4Kファイルをスムースに再生することができる。しかしこのアプリはあまり使われていないことを考えると、問題は残る。, なお、15インチモデルでは話は違って、PremiereとFinal Cutで、小さなプロジェクトで4Kファイルを扱うことができるとのこと。しかし、大きなプロジェクトファイルでは、スムースな作業は期待できないようだ。, やはりこれはRAMが16GBでしかないところが大きいように思われる。15インチでは、スピードに関する限り、ベーシックな4Kビデオの編集はできるように思われるが、大きなプロジェクトになった途端、使えなくなることを覚悟しておいた方がよさそうだ。, しかし、前向きな意見もある。Trimのプロエディター、Thomas Grove Carterは1週間ほど15インチモデルをFinal Cut Xで使ってみたところ、極めてスムースに編集できたと彼の記事Huffington Post Techで語っている。, Tomasは15インチモデルの購入を考えており、屋外での作業の他、屋内では5Kのディスプレイとの接続を計画している。またUSB-C SSDも接続する予定。タッチバーはFinal Cut Xで使う上では有用で、お勧めできるとしている。自分にとっては、タッチバーは便利で、使って見れば皆さんもそう思うだろう、とのこと。, その他にも多くの前向きなコメントがあるが、多くは実際に4K編集をしていないようだ。写真やHDビデオの編集といった普通の使い方なら、全く問題なく使用できるだろう。, 新しいMacbook Proをもってしても、4K編集はなかなか簡単ではない。もちろん4K編集での使い勝手が満足いくものでなくても、新しいMacbook Proは多くのユーザーを獲得するだろう。一方、4K編集のような高解像度の編集や深い色深度の映像処理、あるいは複雑な編集用に、高パフォーマンスのマシンが発売されている。, Macbook Proが4Kの編集に十分使えるかというと、残念ながらまだその域には達していないようだ。アップルは、より民生用途を目指しているわけで、ポートを簡略化し、ディスプレイを美しくし、音を良くし、薄く、軽くする方向に行くだろう。タッチバーが役に立つかどうかというより、現実はバッテリーが長時間持って欲しいとか、各種インターフェースポートが欲しいとか、SDカードスロットを増やしてくれなどというプロ用途の要求は置いて行かれるのだろう。, アップルはまた、あまり多くのアクセサリーを用意しない。いつものようにユーザーが自分で探さなければならないのだが、今回は更に徹底したようで、プロユーザーは更に難しい状況に置かれるだろう。もし4Kを15インチのMacbook Pro 2016 で編集しようと考えているなら、プロフェッショナルの域の編集は難しいと考えるべきだろう。, ニュースレターをご希望の場合は、下欄にメールアドレスを記入して送付ください。ニュースレターの配信を中止する場合は各ニュースレターから簡単にできます。プライバシーポリシーはこちら。. Sebastian Wöber is a director and DP, studied at Filmacademy Vienna and is passionate about harnessing the potential of filmmaking tech to create powerful cinematic work with limited resources. MacBook Pro、MacBook Air専用のHDMI 4K/60Hz (HDR、SDR)を含む、7in1タイプのUSB-Cハブは、 世界初登場です! 今回、現在国内に2つしか無い貴重なサンプル品をお借りしてレビューさせていただきました。 コンパクトながら4K対応HDMIを2ポート搭載7in1ドック He is currently teaching film at Andrews University in the US. ・オンライン的編集(レンダリング速度) Final Cut Pro Xでの4K編集と書き出し. MacBook Proを購入したのでセカンドディスプレイ環境を再構築しました。今回選んだのはLG製の4Kモニター「24UD58」。サイズは23.8インチです。 僕はMacBook Proを購入したのが2018年9月で以前はWindowしか使ったことがありません。 Copyright©1999-2020 GENKOSHA Co. All rights reserved. The MacBook Pro does not support 4K video natively. cinema5D GmbH, Kranzgasse 22/9-10, A-1150 Vienna, Austria, サムヤン(Samyang)がソニーFEマウントレンズのファームウェアをアップデート. When streaming a 4K video, your MacBook will scale the 4K video to match the resolution of your screen. Mac Pro の HDMI は 1.4 規格であり、4K を 60Hz で表示する事はできない Mac Pro の Thunderbolt 2 (mini DisplayPort) ポートは DisplayPort 1.2 規格であり、4K を 60Hz で表示する事が可能 ケーブルや変換コネクタは DisplayPort 1.2 対応のものが必要 Mac Pro (2019) で複数のディスプレイを使う方法については、こちらの記事を参照してください。 公開日: 2020 年 12 月 17 日 役に立ちましたか? Broadwell世代のプロセッサーを搭載した以外、特に注目すべき機能がないかと思われているMacBook Airですが、実は4K出力に対応しているのです。 HDR ビデオに対応した Mac のモデルについては、こちらの記事でご確認ください。 4K/HDR/ドルビービジョンのビデオに対応しているかどうか調べるには、iPhone、iPad、Apple TV、またはスマートテレビやストリーミングデバイスの技術仕様をご確認ください。 However, if you were3 to connect a Pro Display XDR to the MacBook, you would be able to view far more than just 4K video output. 気になるMacBook Air(2018)のパフォーマンス。MacBookと同じ低消費電力を特徴とするチップを採用しているが、YouTuberのKraig Adams氏によると、MacBook Air(2018)でも「Final Cut Pro」なら4K動画の編集は全く問題ないようだ。 MacBook Pro 16インチとMac miniに適したディスプレイについて. MacBook Pro には Thunderbolt 3 ポートが 4 基あり、これらを使って、4K ディスプレイなら 4 台まで、6K ディスプレイなら 2 台まで接続できます。 4K、5K、6K ディスプレイを接続する 以下の構成で最大 4 台のディスプレイを接続可能です。 4K編集は現実的か? さて、新Macbook Proで4K編集を行うのは現実的だろうか?the Vergeが見解を出している。それによれば、13インチモデルはコンパクトで扱いやすく、Premiere ProでHDを編集する分には全く問題が無いとしている。 今回4K動画を編集するためのソフトとしておすすめがEDIUS Proです。EDIUS Proを使ってから4K動画を編集してみます。YouTubeやニコニコ動画サイトでも4K動画が見ることが出来るようになってきて、サイトにアップするためにも4K動画を撮影してからアップする機会が増えてきます。 WANIMA 無観客ライブ|24台のMicro Studio Camera 4KなどBlackmagic製品を使用, 【全品30%割引!】写真・動画など創作系の趣味を応援する「創作応援ブックフェア」開催中. MacBook Proは、高速なプロセッサ、驚異的なグラフィックス、Touch Bar、息をのむほど美しいRetinaディスプレイを持った、最もパワフルなAppleのノートブックです。 今回は「MacBook」「MacBook Pro」「iMac」「Mac mini」におすすめのUSB-C搭載4K以上のディスプレイをまとめてみたので紹介します! 目次 1 21.5インチ © 2021 All rights reserved. LG UltraFine 4K Displayは最高だった。 先日導入したMacBook Pro 2016。 ノートパソコンとしてはこれ単体でももちろん使いやすいんだけど、ディスプレイは13インチなので、やっぱり事務所ではより大きいでディスプレイを使いたい。 サクサク4K動画を編集する人気4K動画編集ソフトをランキング形式で、使いやすさや機能、性能の面などの面から比較して、初心者にも、上級者にも使える、GoProやデジカメ、iPhone、スマホで撮影した4Kビデオを編集できる4K動画編集ソフトおすすめ! Macbook Proで動画編集を始めるときにCPUやメモリ、画面の大きさなど、どんなスペックにカスタマイズするべきなのか、押さえるべきポイントをまとめて解説しました。高額な買い物なので後から後悔しないように、最高の1台を選びましょう! MacBook Proで実現可能な環境の限界を追求した結果、5K+4K+4Kのトリプルに落ち着いた形です。 LG UltraFine 5K LG 27UL600-W LG 27UD58-B デスク:アームで画面を浮かせて作業スペースを広く クアッドコア15インチMacBook Pro(基準値) 11 本の同時4Kマルチカムストリーム 13 最大64GBのDDR4メモリで、より効率が良いマルチタスキングを。1 16インチ MacBook Proは、最大64GBの高速な2,666MHz DDR4メモリを搭載。� MacBook ProならUSB-Cも4ポートあるし。充電は他のポートにまかせてもいいですしね。出力規格も最大4Kまで対応しています。 対応機種は以下のとおり。 人気のMacBook Pro 15インチ 2018年モデルを実際に使ってみたらどうなのかが気になりますよね。結論から言うと最高です。今回のMacBook Proはどこが最高なのか、順に解説をしていきま … ・書き出し(エンコード速度), 読み込みに関しては、前述のように変換を要しないネイティブの実用度が高まったほか、バックグラウンドでの変換中の影響(表側が遅くなる)がほとんど感じられないのは、処理能力に余裕があるからか。, FCP Xの編集時のレスポンスの良さはもともと定評のあるところだが、この部分の快適さは更に向上。4K素材も引っ掛かりなくスクラブでき、マウスへの追随性、再生操作への反応もフルHDと変わりない。, 圧巻は4Kのマルチカム編集だ。マルチカム編集とは複数の映像素材を同時に再生しながら切り替える手法のことだが、4KのProRes 素材を16面、コマ落ち無しで同時再生できるのは、最上位のGPUであるD700の可能性を垣間見た瞬間だった。, エフェクト等のレンダリングにかかる時間も、MacBook ProやiMacの数分の一。ここは制作時間の短縮に大きく寄与する部分である。, 一方、完成形の書き出しやエンコードにかかった時間はMacBook Proの半分程度と、今回のテストの中ではもっとも速度向上が少なかった部分。また、テスト機は12コアだったが、筆者個人所有の8コア機でも所要時間は12コア機とほとんど同じだったことから、FCP Xがまだマルチコアをフルに活かしているとは言い難い。今後の最適化に期待したいところ。, 全体の使用感は数値以上のものを感じる。これは画面表示をはじめ操作レスポンスが非常に高速になっていることと関係があろう。操作への追随性はほんのコンマ何秒でも体感では大きな差になるし、編集作業の多くの時間は、そういった人とシステムの相対する部分に割かれるからだ。, また、内部にHDD等の駆動部分を持たない(大型のシロッコファンがひとつ)Mac Proが、とても静粛性が高いことも特筆すべき特徴だろう。, ※この記事はコマーシャル・フォト2014年4月号 特集「新Mac Pro 実力検証」を転載しています。, CM企画/演出時代にノンリニア編集勃興期を迎える。現在は駿河台大学メディア情報学部、デジタルハリウッド大学院等で理論と実践の両面から映像を教えながら、写真、映像作品を制作。ブログ http://mono-logue.air-nifty.com/ツイッターアカウント http://twitter.com/SAIKA, Final Cut Pro / トーンカーブ / Photoshop CC / Camera Rawフィルター / Camera Raw / 3DCG / Autodesk 3ds Max / Lightroom CC / ColorEdge / レベル補正. まず最初にMac ProとFinal Cut Pro Xの組み合わせで検証を行なった。モニターはEIZO ColorEdge CG277を使用。 MacBook Proが4Kモニターに対応できる最高の状態であるかどうかについて悩んでいる場合は、PowerMyMacをダウンロードできます。 インストールすると、Macをスキャンして、残りの容量を確認 … 4Kを検討している方は必ず1度は生の4Kを見るか、大きいサイズのディスプレイにするべき! USB Type-C&PD対応. 7:03 M1 MacBook AirでAdobe Premiere Proの4K動画編集の結論とまとめ MacBook Airスペック MacBook Air (M1, 2020) チップ:Apple M1(8コアCPU、8コアGPU) メモリ:16GB OS:11.0.1 Big Sur 関連動画 MacBook Air 4K動画編集はできるのか?A7SIII A7C A7RIV A7III x Adobe Premiere Pro /Editing 4K … ・オフライン的編集(レスポンス) MacBook Pro (16インチ、2019) iMac (Retina 5K、27インチ、2017) 以降 iMac (Retina 4K、21.5インチ、2017) 以降 iMac Pro (2017) (新USB-C Digital AV Multiportアダプタの説明ではiMac Pro 2018となっているがiMac Proに2018年モデルは存在しないため、Appleのミスと思われる) 。 Macbook USB Type-C 2015年以降のMacbook(pro)はUSB Type-Cに対応しています。