撤退支援 貿易支援 近年、エジプトの人口は年率1.8%以上のペースで増加している。人口増自体はアジア・アフリカ諸国全般に見られる傾向ではあるものの、人口1億人クラスの国で、同等の増加率を見せるのはナイジェリア、エチオピア、パキスタンなどの数カ国に限られる。 今後、アジア全体として、所得水準上昇と人口増加を背景に自動車需要は増加を続けると予想される。アジアでは自動車普及が加速する節目となる一人当たりgdp「5,000 ドルの壁」を超えていく国が増えることが大きな後押しとなる。 おかげで、アジアはこれまで、増え続けた 生産年齢人口を労働力として吸収すること ができたのである。 アジアが現状の経済成長を維持しようと するなら、将来予想される生産年齢人口の 減少という問題に積極果敢に立ち向かって いかなければならない。 海外法務  インフォグラフィック制作 中間所得者層拡大により、特に自動車や日用品の需要は急激に伸びます。そして、「中間層」から「富裕層」が増えることで今度は、保健衛生や医療サービス、教育や教育娯楽の需要が高まります。かつて、発展途上国と呼ばれてきた国々は経済成長を遂げ、「開発市場」から「消費市場」へと移り変わりつつあるのです。海外進出を検討する際、そういった市場の変化を見極め、柔軟に対応することが重要なのです。, これまで多くの外資系企業が、新興国の可能性に投資してきました。投資は雇用を生み、雇用が国民の生活を豊かにします。アジア諸国では、未開発であったインフラや都市開発も進みました。そのようにして、年率6〜10%の著しい経済成長を続け、国の発展とともに「中間層」や「富裕層」が増加したのです。それと同時に、発展途上であった新興国各国において消費市場としての商機が拡大しているのです。 M&A支援 我々はその課題を という疑問にお答えします。 訪日外国人向けマーケティング ・海外調査: また、2014年時点で17.14%であったインターネット普及率が、2016年には50%まで急拡大しました。すでにネット使用者は1億3,000万人まで増加しています。国境を超えたオンラインショッピングサイト利用の拡大も、インドネシア「中間層」・「富裕層」の消費意欲を後押ししています。今後、日用品、自動車、耐久消費財を始め、金融サービス等への消費も拡大することが予測されます。 総務省統計局、統計研究研修所の共同運営によるサイトです。国勢の基本に関する統計の企画・作成・提供、国及び地方公共団体の統計職員に専門的な研修を行っています。 世界の経済・統計情報サイト(2014)世界経済のネタ帳 人口増加とともに急増しているのが、「中間層」そして「富裕層」です。人口増加による市場拡大を見込んだ外資企業の投資が集まっています。それとともに、未整備であったインフラが整い、国内経済が成長しています。2016年末にはインドのGDPがイギリスを超え、世界第5位となったことが発表されています(米経済誌フォーブス)。格差はまだまだあるものの、インドに拠点を置き100万ドル以上の資産を持つ人は、25万人に到達しました。2018年には43万7.000人となり、2023年までにはその倍になると予測されています(資産情報機関の『Wealth X』の調査)。 Copyright GL Navigation Co., Ltd. All Rights Reserved. アジア人口の動向は多様であり、最大の南アジアは2069年まで増加を続けるのに対して、東アジアは2027年にピークに達し、その後大きく減少する。西アジアは増加を続ける。 図表5.世界の主要地域別人口割合 「SDGsと企業戦略を結びつけるためにはどうしたらよいの?」 ご提案いたします ソーシャルメディアで海外展開 (3)海外企業とのネットワーク不足 企業調査・与信調査 世界の都市のうち都市圏人口上位8位まではアジアに属する都市が占めている(世界の都市圏人口の順位を参照)。 アジアとヨーロッパの境界は、地理上の境界とヨーロッパ中心主義的な観点から見た人為的な境界が入り交じっている。 海外市場調査・マーケティング 海外企業との契約書作成・リーガルチェック ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。 アジア : データ表─ 人口増加率(%) お好みの情報を調べるために次へ進み“検索”をクリックして下さい。 指標「人口増加率(%) 」右隣のリンクをクリックで、表のデータをCSVでダウンロードする事ができます。 (KOL、動画、ブログ投稿、百度SEO) 我が国を含むアジア各国は1970年代以降「人口ボーナス」(人口構成、出生率、死亡率の変動に伴って労働力人口の増加率が人口増加率よりも高くなること)の恩恵を受け、持続的な経済成長を実現してき … 特にベトナム・スリランカ・ラオスには現地法人を構え、現地の習慣やビジネスに精通した日本人あるいは日本語が堪能なローカルスタッフが所長を務めています。ミャンマー、マレーシア、インドネシアには現地提携先があり、その他世界各国において幅広いネットワークを構築しております。 東アジア地域の都市人口は 急速に増加しており、2030年には世界の都市人口の3割を占めると予想される。東アジアの都市化 には様々な特徴があるが、その一つは、都市・地方の均衡ある都市システムの発展である。東アジア 海外向けEC決済(Alipay, WechatPay, 台湾・香港後払い、コンビニ決済) 輸出入・貿易・通関 日本の集団主義と勤労倫理を学ぶという、1981年に始まった「ルックイースト政策」を始め、それを提言したマハティール首相の就任により、これまで以上に日本への関心は高まっています。そのため、日本製の衣料品や生活品なども注目される傾向があります。2016年10月には首都クアラルンプールに、「中間層」・「富裕層」向けの日本製品のみを取り扱う伊勢丹もオープンしました。いまだに、日本では当たり前でも現地にはないものが多く、早期進出で「オンリーワン」になれる可能性も高くなっています。 もちろん、将来のどこかの時点で、高齢化が進むことはありますが、今後数十年間は、アジア市場は安定的に経済的支えになることができると言えます。, 現在、アジアでは急速な都市化が進んでいます。もちろん、アジアの都市人口の割合は世界の平均よりは低いですが、国連では、2030年のアジアにおける都市人口比率は50%を越えると予測しています。都市化により、人材、資本、設備、知識などが集まるため企業は優秀な人材を確保することなど企業の活動が今までよりは容易になると考えられます。また人口比率が高くなることにより、消費者のニーズの多様化が進み、企業の活動の幅が広くなることも考えられます。つまりアジアの都市化は、企業のビジネスチャンスにもつながるのです。, 10年前、アジアの経済を引っ張ってきたのはアジアの高所得層の人たちでした。しかし現在は貧困層から中間層の人口が増加し、将来的には、世界の中間層の6割がアジアの中間層になると予測されています。そして、2030年には、世界の中間層の消費ランキングにインド、インドネシア、中国がトップ5以内に入り、世界の消費を支えていくことになります。つまり、企業は、世界の消費を支える、アジアのマーケットを獲得することが成功を収める第一歩なのです。, アジアの人口増加や中間層の増加、これらが世界経済を安定させる理由の1つであることが分かりました。次回は、貧困層から中間層に対してのビジネス(BOPビジネス)についてお伝えします!, 参考文献:   海外向けデジタルマーケティング ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。, (当コンテンツの情報について) 現地日本人向けプロモーション 国連の推計人口及び将来推計人口(中位推計値)では現在の地球人口は70億人であり、21世紀には100億人を超えると予想されています。 海外送金 (英語、中国語) それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。 総務省統計局、統計研究研修所の共同運営によるサイトです。国勢の基本に関する統計の企画・作成・提供、国及び地方公共団体の統計職員に専門的な研修を行っています。 増加率は地域によって異なり、さらに多くの国で人口が減少. 欧米諸国の近視人口の比率は、東アジア圏と比べれば少ないのですが、増加傾向にあることに変わりはありません。 海外のある研究調査結果によると、今後も世界的に近視人口は増えていくと予想されます。 中国・台湾越境ECテストマーケティング  アジア圏から米国主体に 一般投資家の減少と機関投資家の増加 GoogleTrendで確認すると、世界における「ビットコイン(bitcoin)」の検索数は、ピーク時となる3年前の「100」に対して、現在でも「34」程度に留まる。 増加率は地域によって異なり、さらに多くの国で人口が減少. 買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート, 【中国台湾進出ワンストップ支援】法人設立や市場調査からWeb制作、販路開拓、物流まで一気通貫, 中国、台湾、香港向けプロモーション・コンサルティング会社 海外視察 欧米諸国の近視人口の比率は、東アジア圏と比べれば少ないのですが、増加傾向にあることに変わりはありません。 海外のある研究調査結果によると、今後も世界的に近視人口は増えていくと予想されます。 海外向けECサイト構築 また、その人口増加のほとんどがアジア(9億人)とアフリカ(17億2千万人)です。極めて楽観的な見方をするなら、「これからはアジア・アフリカの時代になる」とも言えます。 「SDGsの考え方を社内に浸透させるためにはどうしたらよいの?」 人口増加傾向の佐々町が最も“若い”自治体。 離島地域を中心に高齢化が進行 《年齢3区分別人口構成比(平成27年国勢調査)》 2(2)人口人口 1 地 域 現 況 調 査 2 自 治 体 施 策 動 向 調 査 3 民 間 団 体 等 ア ン ケ ー ト 調 査 日本人人口は19年は1都3県とも増加したが、20年は埼玉、千葉両県が微減だった。東京圏の増加数は0.19%増の6万7301人で、増加率は年々縮小している。 一方、外国人は1都3県ともに増加し、東京圏全体の増加数は6万8161人と日本人を上回った。 新型コロナウイルスが原因で就職先が見つからない外国人は増加しています。しかし、コロナ後を見越して、積極的に外国人を雇用してインバウンド需要に目を向けている企業も少なくありません。今回はそんなインバウンド需要を見込む企業の方に向けて  物流手配 世界の半分以上がアジア圏に住んでるらしいですが、なぜアジアはそんなに人口が多いのでしょうか?中国・インドと世界最多人口1位・2位を始めとして、日本・インドネシア・フィリピン・バングラデシュ・パキスタンなど億の人口を抱える国 海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。, あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!, 自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート, マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。 ニューヨーク、6月17日 – 本日発表された国連の新たな報告書によると、世界人口は現在の77億人から2050年の97億人へと、今後30年で20億人の増加となる見込みです。. 新興国への進出に関してのご相談、不明なことやお困りのことなどがあれば、お気軽にご相談ください。, 日本企業の【海外進出のプロセス】を徹底解剖! | 『海外進出白書(2019-2020年版)』より, 海外の企業調査(信用調査・与信調査)の基礎知識 | 海外ビジネスの企業調査の具体的な方法とは?, 【2020年の海外ビジネスニュース・ランキング】新型コロナ関連ニュースがTOP10を独占!, 海外から日本へ商品を仕入れる「輸入ビジネス」の始め方 | 商品の仕入れ先・リサーチ方法. 新型コロナウイルスが原因で就職先が見つからない外国人は増加しています。しかし、コロナ後を見越して、積極的に外国人を雇用してインバウンド需要に目を向けている企業も少なくありません。今回はそんなインバウンド需要を見込む企業の方に向けて Photo by Moyan Brenn on Flickr, [相談無料] 海外市場調査・マーケティングに必要なサポート企業が見つかる【無料相談】はこちら ▶, 現在、世界で「中間所得層」と「富裕層」が増加しています。特に著しい経済発展を見せるアジアなどの新興国を中心に、「貧困層」から「中間層」へ、さらには「富裕層」が増加しているのです。 世界人口の増加率は、出生率の低下の影 響を受けて、徐々に低下しており、2000 ~ 2005年は年平均1.2%の水準にある。これに 対し、都市人口の増加率も低下傾向にあるも のの、同1.9%といまだ高い水準にある。世 界レベルで人口爆発は終焉を迎えたが、都市 「中間層」・「富裕層」を中心に、売れる商品は必要性を満たす商品から利便性、快適性を満たす商品へと移行し始めています。そのため、歴史的に親日国家であることも後押しし、質のいい「日本製品」への需要が高まっているのです。 地方圏の総人口は、2000 年まではトレンドとして増加し続けた。 3.  ブランディング つまり、この人口増加により、労働力増加率が高くなり、経済成長が後押しされることが予測されます。 もちろん、将来のどこかの時点で、高齢化が進むことはありますが、今後数十年間は、アジア市場は安定的に経済的支えになることができると言えます。 世界の半分以上がアジア圏に住んでるらしいですが、なぜアジアはそんなに人口が多いのでしょうか?中国・インドと世界最多人口1位・2位を始めとして、日本・インドネシア・フィリピン・バングラデシュ・パキスタンなど億の人口を抱える国 拠点設立 「今、海外進出を考えている方」も「いつか海外進出をしたい方」もまずは、Digima~出島~無料メルマガに登録しましょう! 海外商標・特許申請 経済産業省「通商白書」(2009)の定義によれば、家計あたりの年間可処分所得が5,000ドル超(約56万円超)35,000ドル以下(約400万円以下)の層を「中間層」、35,000ドル超を「富裕層」とされています。 (1)海外事業の担当人材の不足 多言語サイト制作 そういった傾向は、もちろん日本企業にとっても大きなチャンスとなります。少子高齢化に悩む日本市場から脱し、急成長する新興市場へと販路を広げようとする企業が増加しているのも当然といえます。 またSDGsという観点から御社の海外ビジネスをサポート致します。 海外市場調査・マーケティング、海外WEBプロモーション また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。 一方、現在、世界の全ての「中間層」の30%程度を占めている、中国、インド、インドネシア、ベトナム、タイ、マレーシアなどのアジア諸国では、2030年の比率が64%にもなる予測です。また、アジア開発銀行の試算によると、アジアの「中間層」の購買力は2030年まで年率9%で成長を続けます。欧米市場よりもアジア市場が魅力的になろうとしているのです。 2022年には両国とも人口は約14億人に達するも、以後インドの人口が中国を上回ると予測されています。2030年には中国は人口減少に転じる一方、インドの人口は増え続け、15億人にまで到達。さらに2050年には、17億人にまで増加すると見られています(ワシントン・ポスト紙)。 世界の都市のうち都市圏人口上位8位まではアジアに属する都市が占めている(世界の都市圏人口の順位を参照)。 アジアとヨーロッパの境界は、地理上の境界とヨーロッパ中心主義的な観点から見た人為的な境界が入り交じっている。 世界人口の増加率は、出生率の低下の影 響を受けて、徐々に低下しており、2000 ~ 2005年は年平均1.2%の水準にある。これに 対し、都市人口の増加率も低下傾向にあるも のの、同1.9%といまだ高い水準にある。世 界レベルで人口爆発は終焉を迎えたが、都市 アジアで人口減ってるのは日本、韓国、中国、台湾ぐらいなので 40年後ってアジアでもまだ増えているような・・・・・・ 人口爆発とかよく聞くけど アジア圏とアフリカ圏以外は人口減ってきてるじゃん。 補足日時:2013/08/19 20:37 Bogor)があり、4都市合計の人口は900万人だった。2008年と比べたこの10年間の人口増加率は、ジャカル タの12.3%に対して、近郊50km圏の4都市合計は40.8%と大きく上回る。ジャカルタ大都市圏合計の人口は 1,952万人となる。 みなさんはアジアについてどんなイメージをお持ちでしょうか。最近、来日観光客の中でもアジアの方は多く、日本の経済に大きな影響を与えていることは日頃メディアで取り上げられています。しかし、なぜアジア市場はこんなにも発展したのでしょうか。今回はアジアの市場が世界を動かしている理由についてお伝えします!, 上の図はアジア各国の人口ランキングです。現在の世界人口は約69億人。そのうち東アジア、東南アジア、南アジアの人口は世界人口の半分以上を占めています。また国連の報告によると、今後30年間で人口のピークを迎えるアジアの新興国はタイと中国のみです。それ以外のアジアには10代後半から20代後半の人口が多くなります。つまり、この人口増加により、労働力増加率が高くなり、経済成長が後押しされることが予測されます。 一方で、タイは人口の伸び率が鈍化し、日本同様にASEANの中でも少子高齢化が進んでいる国のひとつです。そんな人口動態においては、「中間層」・「富裕層」をターゲットとした「福祉介護」「医療事業」の成長が期待できます。, 富裕層が人口の約2割を占めるマレーシア。世界銀行の分類で高所得国とされているシンガポール、ブルネイに次ぎ、ASEANの中でも、もっとも経済発展が進んでいる国のひとつです。今後も増加傾向にある富裕層・中間層に向けた、日本企業の商品やサービスのビジネスチャンスが拡大していることは言うまでもありません。 2050年には世界人口の半分が近視になる!? また、深刻な通貨安を迎えているマレーシアでは、国内の「中間層」・「富裕層」はリスクヘッジのため、海外への投資を積極的に行っています。富裕層をターゲットととした投資ビジネスにも商機が広がっていると言えるでしょう。, ロイターによると2030年における世界の「中間層」は、2014年の約20億人から倍増し、49億人になる見通しです。 2015年の28.4%から2045年の31.9%に上昇する。一方、名古屋 圏は微増(2015年8.9%、2045年9.3%)、大阪圏は微減(2015年14.4%、2045年14.1%)で、東京一 極集中が進行する。 アジアには、人口13億人の中国、12億人のインドといった人口大国が存在し、アジア全体で世界人口の約5割を占めている(第2-3-1-1図)。こうした巨大な人口を抱えるアジアが経済成長し、人々の購買力が向上する影響は大きい。 人口増加に執念、ハンガリーの「すごい」少子化対策 東アジア「深層取材ノート」(第69回)の画像 新年が明けて、再び緊急事態宣言を出すか出さぬかで、菅義偉内閣がすったもんだしているが、昨年9月に発足した際には、コロナ対策の他にも、いくつかの目玉政策があったはずだ。 つまり、この人口増加により、労働力増加率が高くなり、経済成長が後押しされることが予測されます。 もちろん、将来のどこかの時点で、高齢化が進むことはありますが、今後数十年間は、アジア市場は安定的に経済的支えになることができると言えます。 これまで発展途上国と言われていた国々は、急激な勢いで成長を続けています。進出を考える日本企業はそういった各国の動きを知り、マーケットを理解する必要があります。「開発市場」から「消費市場」へと変化し続けるアジア市場に参入するならばなおのこと、ターゲットである「中間層」と「富裕層」の動向に気を配る必要があるのです。, 今回は、アジア新興国で拡大している「中間所得層」「富裕層」に着目し、かつて発展途上と呼ばれていた国の市場の変化を分析しました。海外における中間層および富裕層市場を分析することで得たアナタのビジョンは、海外ビジネスにおける重要な指標となるはずです。 YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。 それでは、なぜ世界の人口は爆発に向かっていると言われているのか。それは、中央アジア、西アジア、アフリカの3地域にはまだ少子化が及んでいないからだ。いずれも、ムスリムが多数を占める地域である。 ムスリムの聖典コーランは、避妊を禁じている。 <主要サービスメニュー> また、赤道にまたがる13,466もの大小の島により構成されているインドネシアでは、島によってマーケットが変化する特徴があります。「中間層」・「富裕層」は倍増するものの、居住環境のばらつきも出てくるため、彼らをターゲットとする際は、注力する都市を拡大していく必要に迫られることも予測できます, 2020年までにアメリカを抜き、世界最大の中間層市場となる可能性があると言われている中国ですが、その次の10年で、インドに抜かれる予測が立っています。その背景には中国以上のインドならではの急激な人口増加があります。 アジア人口の動向は多様であり、最大の南アジアは2069年まで増加を続けるのに対して、東アジアは2027年にピークに達し、その後大きく減少する。西アジアは増加を続ける。 図表5.世界の主要地域別人口 … 東アジア地域の都市人口は 急速に増加しており、2030年には世界の都市人口の3割を占めると予想される。東アジアの都市化 には様々な特徴があるが、その一つは、都市・地方の均衡ある都市システムの発展である。東アジア 現地での視察工程の作成、訪問先アポの取り付けや通訳といったスタートアップ支援から、海外事業戦略の作成、現地パートナー候補機関の選定、販路開拓のための調査やテスト販売、人材育成や組織づくりなど、お客様のニーズに合わせたサービスをご提供いたします。 マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供 アジアの都市化に必要なインフラ整備に貢献する クボタの 挑戦 特集2 アジアの都市圏で 人口が拡大 上位10都市圏のうち7つがアジアで、伸び率も突出。 ※都市圏:人口1,000万人以上の都市 出典:国連の資料を基にクボタ作成 highlight 2019 environment society governance 特に増加が著しいのが中国です。安い人件費や膨大な人口を背景にした製造請負業が大きく成長しました。そうした経済成長は、急激な所得の増大をもたらしました。日本でも「爆買い」と言われたように、その購買意欲は国外にも及び、そうした消費が国内の二次的な成長をも後押ししていくことになります。, このような流れから、新興国市場に変化が生まれます。経済成長により、国民の個人所得が上がり、年間可処分所得も上がります。そして、発展途上であった「開発市場」から「消費市場」へと移行しつつあるのです。 近年、エジプトの人口は年率1.8%以上のペースで増加している。人口増自体はアジア・アフリカ諸国全般に見られる傾向ではあるものの、人口1億人クラスの国で、同等の増加率を見せるのはナイジェリア、エチオピア、パキスタンなどの数カ国に限られる。 したがって1970 年から75 年の間は、地方圏の人口が増加したにもかかわらず、地 方圏から大都市圏への人口移動は減少した。 1 公益財団法人アジア成長研究所理事長 中国ニュースサイトプレスリリース配信 圏、そして30 小規模都市圏の合計76 都市圏を確認できる。これが、2010 年になると、9 巨大都市圏、17 大都市圏、25 中規模都市圏、34 小規模都市圏の合計85 都市圏に増加し ている。2000 年には都市圏人口は6350 万人(総人口比31.6 %)だったが、2010 年には 三大都市圏以外の地方大都市の状況 ~最大の人口規模を誇る九州とともに 福岡市は、人口規模が近い国内4都市の中では、高い人口増加率(=人口の集積)、高い昼夜間人口比率(=地域の拠点性)が両立する唯一の都市です。 販路拡大 では、アジア新興国で増加しつつある「中間層」・「富裕層」の定義とはどういったものなのでしょうか。一般的には1人当たりの、年間の個人所得から税金や社会保険料を引いたものである「年間可処分所得」の額が指標とされています。 「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。 2019年の人口ランキングを掲載しています(対象: アジア、25ヶ国)。 世界 アジア 北米 中南米 ヨーロッパ オセアニア 中東 アフリカ G7 G20 OECD ASEAN EU ユーロ圏 BRICS つまり、経済的に豊かになる人が増加することで、今まで手に届かなかったものが、手に入れらるようになるのです。より質のいい製品を求める「消費市場」に移り変わっています。 ・海外展開完全代行: ともに考え、ともに走る。時にはコンサルタントの立場を超え「伴走者」として企業様と一緒にビジネスを成功に導く。それが弊社の考えです。 インバウンド (百度リスティング広告、Weibo広告、Wechat広告、プレスリリースなど) 海外広告・プロモーション 2. 地域別・増加人数 2030けて、世界年にか の人口は、アジアやアフリカ地域を中心に、11.5億人程度増加することが見込まれている。 37.1 委託先、アウトソース 事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行 日本人人口は19年は1都3県とも増加したが、20年は埼玉、千葉両県が微減だった。東京圏の増加数は0.19%増の6万7301人で、増加率は年々縮小している。 一方、外国人は1都3県ともに増加し、東京圏全体の増加数は6万8161人と日本人を上回った。  財務管理 海外テストマーケティング・簡易調査(タオバオ現地モール出品、上海TV顧客販路テストマーケティングなど) かつての「開発市場」から「消費市場」へと変化しつつあるアジア諸国でのビジネスを考えたとき、その国の「中間層」や「富裕層」への理解を深めることは、非常に重要なポイントです。本稿では、「中間層」と「富裕層」の定義と、アジア新興国におけるその実態、さらには両者がカギを握る、アジア新興国の市場ならではのビジネスチャンスを解説していきます。 アジアについては、日本、インドおよび中国の堅調な伸びを背景にunhw人口は6.6%の最大の増加を見せました。アジアの超富裕層は10年前の18%から着実に増加しており、現在では世界の4分の1を占めま … アジアの高齢化率の上昇、高齢者の人口が増加している一方で、アジアの未婚率の低下、合計特殊出生率の低下が減少傾向にあります。 ※出典:図解でわかる ざっくりaseanより サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。 アジアの都市圏で 人口が拡大 上位10都市圏のうち7つがアジアで、伸び率も突出。 ※都市圏:人口1,000万人以上の都市 出典:国連の資料を基にクボタ作成 HIGHLIGHT 2019 … 当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。 Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。, 海外市場調査・マーケティングに必要なサポート企業が見つかる【無料相談】はこちら ▶. サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。 ICPライセンス取得代行 運営支援 販路拡大(営業代行・販売代理店探し) 本テキストではアジア新興国で拡大している「中間所得層」「富裕層」に着目。かつて発展途上と呼ばれていたアジア諸国の「消費市場の変化」を分析します。  オペレーション管理 今後、中国と同様にインドでは、贅沢品の消費が伸びることが予測されます。日本国内にも「爆買い」をするインド人観光客が増えるかもしれません。また、インド国内では自動車や家電の販売が拡大しはじめています。スズキや三洋ブランドがすでに進出をし、販路を開拓しています。今後は、インバウンドでインドの「中間層」・「富裕層」をターゲットにしたビジネス、インド国内での高級品や自動車販売などにさらなる商機が拡大します。, 2012年のGDP成長率は、7.3%と高い成長率だったものの、2014年にはわずか0.9%まで下がったタイ経済。ASEANの中でも成熟に近づいている国と言えます。そのため、首都バンコクを中心に「中間層」・「富裕層」の数も多く、2020年には実に8割以上の世帯が「中間層」以上になると言われています。また、「富裕層」も2020年にはついに10%を超える予測です。 SDGs戦略立案、SDGs社内浸透のための研修、現地でのSDGsビジネス実施、公的機関のスキームへの応募や実施等、御社のご要望に応じてお手伝い致します。 関係人口は、その地域の担い手として活躍することにと どまらず、地域住民との交流がイノベーションや新たな価 値を生み、内発的発展につながるほか、将来的な移住者の 増加にもつながることが期待される。また、関係人口の創 (Wechat, Weibo, Facebook, Instagramなど) 翻訳  労務管理 なるべく低リスクで、実際に効果のあるプロモーション施策をオーダーメイドで  インフォグラフィック動画制作 2022年には両国とも人口は約14億人に達するも、以後インドの人口が中国を上回ると予測されています。2030年には中国は人口減少に転じる一方、インドの人口は増え続け、15億人にまで到達。 (2)海外事業の運営ノウハウの不足 人口爆発が叫ばれる時代、そんな認識が一般的に広がっています。 しかし、そんな認識に反するように、人口の増加に大きく寄与しているアジア地域では、日本と同様に出生率が低下していることはご存知でしょうか? 今回は、アジアの現状 […] 次項では、その「中間層」や「富裕層」が増加していることで注目されている、アジア新興国・4ヵ国の実態をご紹介します。各国の中間所得層・富裕層の消費動向を追うことで、それぞれの国での商機が見えてきます。, 世界4位の人口数であるインドネシアでは、中間層・富裕層人口が2020 年には1億4,100万人になるという予測が立てられています。また、首都ジャカルタのみならず、各地域での伸びも期待されています。中間・富裕層が 50 万人以上居住する都市も 54 都市と 2 倍に拡大するといわれています(THE BOSTON CONSULTING GROUP調査)。  日本からの輸入が必要な商品・機材の確認 海外進出総合支援 「経済の中心はアジア」「中国が熱い」 …そう言われてから軽く10年が経過していますが、メディアでは「中国バブルは崩壊」「アジアビジネスでの失敗」など、様々な面が取り上げられています。 実際に、客観的なデータを見たことはありますか?数字で見るアジアに、フォーカスしてみましょう! しかし、欧米では「中間層」が縮小していくことが予測されています。アメリカでは、現在50%である中間層が22%まで落ち込みます。また、先進国の経済は低成長を続けます。北米や欧州の中間層の購買力は今後十数年、年率0.6%しか伸びないと言われいます。 前年比0.48%増(155万2,022人増)の3億2,823万9,523人となった(図1参照)。2 2010年(3億874万5,538人)と比較すると、6.3%増(1,949万3,985人増)となり、2010年からの増加率は年平 … 海外進出コンサルティング と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。 「SDGsと聞くけど、なんのために取り組むの?」 中国法人登記代行 中華圏進出サポート歴11年、大企業・中小企業・地方自治体のご支援250社以上 海外ECモール出品代行 富裕層の拡大に伴い、国民の投資への関心が高まっています。アメリカでのドナルド・トランプ大統領の就任が決定後、新興国からアメリカに投資マネーが流出しました。マレーシアでは外資企業などの投資マネーの流出で深刻な通貨危機に陥ったほどでした。しかし、タイでは国民の投資が、ほとんど国内投資で占められていたため、さほどの影響はありませんでした。「中間層」・「富裕層」のさらなる拡大により、そうした投資活動もますます拡大するでしょう。 中国人スタッフの教育研修 首都圏と呼ばれる1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)は、現在は人口が増加しており、今後も人口が増えていくことが予想されています。 人口減少が懸念される日本においても、首都圏エリアは安心だということを良く言われます。 (Magento、ローンチカート、Shopify、Wordpress、天猫Tmall国際、ジンドン、タオバオなど) 現地アポイント取得代行 <http://ecodb.net/ranking/area/A/imf_lp.html>2015/11/9アクセス, あなたの様々な疑問や不安に、 GlobalWing専属のキャリアコンサルタントが マンツーマンで対応しております。. そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。, 弊社は、新興国における「地域づくり、人づくり、組織づくり」を手掛けるコンサルティング会社です。これまで、新興国/途上国でのビジネスを目指す企業様や、JICA(独立行政法人国際協力機構)や経済産業省などをはじめとするODA関連機関をクライアントとし、世界約70ヵ国においてコンサルティングサービスを提供してきました。 また、その人口増加のほとんどがアジア(9億人)とアフリカ(17億2千万人)です。極めて楽観的な見方をするなら、「これからはアジア・アフリカの時代になる」とも言えます。 ・海外M&A:  輸入許可申請手続き おかげで、アジアはこれまで、増え続けた 生産年齢人口を労働力として吸収すること ができたのである。 アジアが現状の経済成長を維持しようと するなら、将来予想される生産年齢人口の 減少という問題に積極果敢に立ち向かって いかなければならない。 黒田秀雄編著(2015)『現地に寄り添うアジアビジネスの教科書−市場の特徴から「BOPビジネス」の可能性まで』白桃書房 増加の一途をたどっているのである。世界のムス リム人口は約18億人以上と言われており、世界人 口の4人に1人以上がムスリムという勘定になる。 そしてアジアにおけるムスリム人口はざっと10億 人、さらに中東を加えると、13.5億人といわれて いる。 海外WEBプロモーション 増加の一途をたどっているのである。世界のムス リム人口は約18億人以上と言われており、世界人 口の4人に1人以上がムスリムという勘定になる。 そしてアジアにおけるムスリム人口はざっと10億 人、さらに中東を加えると、13.5億人といわれて いる。 「海外進出の戦略についてサポートしてほしい」「海外での事業計画立案のアドバイスがほしい」「海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡るタイ進出におけるご質問・ご相談を承っています。 近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。 人口が変えるアジア -2050年の世界の姿- 主査:小峰 隆夫 総括:可部繁三郎 2007/01/17 日本経済研究センターは、人口の変動を軸として2050年までを見通した長期世界経済予測を行った。 海外M&A 海外販路開拓・マーケティング 海外会社設立・登記代行 都市圏別の人口集中度(全国に占める都 市圏の人口割合)を見ると、東京圏は. ニューヨーク、6月17日 – 本日発表された国連の新たな報告書によると、世界人口は現在の77億人から2050年の97億人へと、今後30年で20億人の増加となる見込みです。.  コンセプト修正 海外ビジネス全般に関わるサポート 海外進出戦略 現地物流 日本進出・日本法人設立, GLOBAL ANGLEはオンライン完結型の海外市場調査サービスを提供しています。50か国70都市以上にローカルリサーチャーを有し、常に調査ができる様にスタンバイしています。現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出します。シンガポール本部コンサルタントチームは海外事業コンサルティングを行っているスタッフで形成されている為、現地から取得した情報を標準化されたフォーマットに落とし込み、成果物品質はコンサルクオリティを保証します。, 海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。 , 全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。